出会い系を使ってギャルとセフレ関係になったガチ体験談

東京世田谷区に住む20代です。

出会い系を使って、セフレを探していました。
自分は現在彼女がいるのですが、どちらかといえば自分の彼女は清楚な感じで貧乳です。
また、あまりセックスにも積極的ではなくその点で不満を感じていました。

昔からギャル物のAVが好きで、今の彼女と付き合う前はほとんどギャルとばっかり付き合っていた自分はギャルのセフレが欲しいと思って活動を続けてきました。

出会い系のYYCを選んだのは自分の友人がYYCを使って10代のギャルをゲットしていたからです。

出会い系のYYCを使い始めて間もなく、一人のギャルに目が留まりました。
高校を卒業したばかりのギャルで19歳のフリーターという事でした。
この19歳のギャルの名前はTちゃんと言います。

このTちゃん、出会い系のYYCでのやり取りの段階で、自分から下ネタを振ってくるほどの積極性でした。
これはいけると思い、メッセージ交換を始めて1週間で会う事にしました。

実際に待ち合わせをしたのは錦糸町でした。
錦糸町のオリナスの前で待ち合わせしていると益若つばさ似のギャルが声をかけてきました。
それがTちゃんでした。

Tちゃんの服装はかなり露出が激しく、特に上半身は後ろが透け透けでブラ紐が見えていました。
そのままちょっとおしゃれなバーにでも行こうかと思っていましたが、Tちゃんから

「さっさとご飯食べてホテル行こう」

という願ってもない提案がありました。
そのため、急遽オリナスの中の「ぼてぢゅう」というお好み焼き屋で食事する事になりました。

食事中もTちゃんからはどんなプレイが好きかとか、どんな体位がいいかとかエッチな質問ばっかりで、これはかなりのやりマンだなという感想を抱きました。

もしかしたら、援助希望かなとも思いましたが、お金の話はTちゃんからは出ませんでした。
食後は錦糸町のホテル街に直行です。

休憩の3時間で入りましたが、部屋に入るや否やズボンを脱がされ、息子をフェラし始めるTちゃん、そのままの勢いでTちゃんを押し倒してまず一発。
そして、シャワーを浴びた後に二発。

結局、いくらやってもやり足りないほどお互い盛り上がってしまい、休憩から宿泊に切り替えて朝の4時までお互いの体を貪りました。
Tちゃんは3か月ぶりのセックスだったようで、かなり盛り上がっていました。
その後も2週に1回の頻度で錦糸町で待ち合わせてセックスしています。
相性抜群のセフレが出来ました。